プログラマ35歳限界説の現実

プログラマは35歳で限界、定年を迎えるという説について、現役のエンジニアが現場の実体験をもとに解説します。

この記事を読むことで、以下のことがわかるようになります。

CHECK

・プログラマの35歳限界説、定年説とは何か
・プログラマ限界説の真実、現場の実態、そして答え
・35歳限界説が言われるようになった理由

プログラマの35歳限界説、定年説とは

そもそも、IT業界で言われているプログラマの35歳限界説とは何なのか。
このサイトに行きついたということは、現役のプログラマで仕事に悩んでいる方か、
もしくはプログラマを志望しているけど、不安がある方
ではないでしょうか。

特に、これからプログラマになろうとしている人は、プログラムの仕事がどんなものかを調べていることでしょう。
そして、デメリット情報を調べているうちに35歳限界説という言葉にたどり着いたのではないでしょうか。

最初に行ってしまえば、そこまで不安になることはありません。
最後まで読んでいただければわかるのですが、35歳限界説は通常であれば大きな問題ではないのです。

では、35歳限界説とは何なのか。

実はwikiの「プログラマ」の中に「プログラマ定年説」というのが書かれています。
それほど、有名な言葉なのでしょう。

システム開発の仕事は長時間労働で、徹夜が続くので体力が必要であり、体力的にもたなくなってくる40歳手前から
限界がやってくるということで、35歳までしか続かないよと言われていました。

しかし、これは既に昔話となっています。

現在では、所謂36協定と言われる月の残業45時間以内という決まりが大抵の企業で設けられていることもあり、
過労死するような無理な仕事の仕方はだいぶ減りました。
月の残業45時間を超えたとしても年間の回数にも決まりがあります。

要するに、プログラマは35歳で体力的に定年ですよという話なんですが、現在ではあてはまりにくい話になっています。

現場で感じる35歳限界説の現実について

私は40歳の現役エンジニアです。
出世していないので、管理する仕事ではなく、現役のシステムエンジニア兼プログラマです。

上流と言われる要件定義や外部設計、詳細設計もやりますが、コーディングや試験も行います。
なので、まだまだ現役のプログラマではあります。

そんな私が現場で感じる35歳限界説の現実についてお話します。

まず、私のようにプログラムをコーディングしている中高年(40歳~65歳)はたくさんいます。
つまり、私も含めて、みなさん35歳で定年されているわけではないんですね。

正直、コーディングスピードや品質が良いとは言えない中高年の人もたくさんいます。
20代のバリバリのプログラム経験者からみたら、何だと思われますが、それでも現実はみなさんプログラマを続けています。

なぜ、続けられるのか。

外部的な理由としては、システム開発の仕事はたくさんあるからです。
需要があるんですね。
その分、人が必要なんです。
なので、採用する方も、よほどひどい人材でなければ、人がいないのでその人を使い続けるのです。

あとは、本人がこの仕事を続けたいかどうかです。
他に仕事がないから仕方なくというのも理由でしょう。

いずれにしても、辞めさせられることもなく、体力的にも限界が来ないので、中高年でもプログラマとしてやっていけるのです。

若いプログラマで今どきの仕事(Rubyやロボット等)をやられている人だと、「俺のまわりには中高年はいないぞ」と思うかもしれません。

中高年で今どきの仕事をやっている人はおそらく、スキルチェンジ(技術転換)に成功した人なのでしょう。

特に金融系のシステムは、まだまだ昔からあるシステムが動いています。
COBOL等であれば、中高年の人が多く、逆に若い人は少ない印象があります。

昔からやっている言語や技術のところに、ずっといる人もいるのです。
つまり、35歳で限界をむかえるわけではなく、ずっとプログラマを続けているということです。

なぜ35歳限界説が言われるようになったのか!?その理由

35歳限界説は体力的にもたないから、プログラマは35歳で定年と言われていたのですが、
その説には、他にからくりのようなものがあります。

なぜ、いまだに35歳限界説が昔の話にならずに、残っているのか。
それは、中高年のプログラマはいるのですが、数は多くないというのがあります。

つまり、20年前に入社した人が今もプログラマをやっているかというとそうではないというのがあります。

そうすると、やっぱりほとんどの人が体力的にもたないで辞めていったんではないかと思われるかもしれません。

ですが、実際は、プログラマからエンジニア、管理職、はたまた営業へと仕事の内容が変わっていったというのが現実です。

特に、管理職になれば、プログラミングすることはほとんどありません。
そういったことから、中高年でプログラミングをしているという人が減っていくというところが実態でしょう。

さらに、企業の採用担当としては中高年より若い人材を欲しがる傾向があります。
なぜかというと、中高年はコストがかかるからです。
給料が若い人よりも高い分、コストがかかります。
請け負った仕事に対しての採算が合わないというのがあります。

また、中途採用や転職において、求人に年齢制限を設けている場合もあります。

そういった点を総合的にふまえて、今でもなお35歳定年説がささやかれ続けているのです。

35歳限界説を打ち破るには

中高年でもプログラマはたくさんいます。

ただし、仕方なくプログラマとしてやっている人たちもいます。
高度なプログラマというわけでもなく、人を動かしてプロジェクトを遂行する管理職というわけでもなく、
なんとか続けられているから続けているという人たちです。

そういう人たちは往々にして、周囲から叱られることが多いです。

35歳限界説にあてはまらなかったけど、実際は引退のような人もなかにはいます。

そういう人たちはとかくメンタルが強いです。
いい意味でではありませんが。。
周囲から叱られようがなんだろうが、気にしないという開き直りの技術を持っています。
わからなければ、誰かが教えてくれる。
できなくても、周囲になんとかしてもらう。
そのような形でずるずると中高年までプログラマとしてやっていています。

そうならないためにどうすればいいか。

将来のビジョンを決めるとともに、スキルを磨き続けて経験を増やすことです。
自分のビジョンに合わない部署に配属された場合は、転職やフリーランスになってでもビジョンに合った方向に進むことです。

私などは、会社に言われるまま汎用機のCOBOLを続けてきましたが、社内では厳しい立場に置かれています。

常にスキルを磨きつつ、経験を増やしていきましょう。

35歳限界説の答え(まとめ)

まとめとしては

PONT・35歳限界説は昔の話であり、今には当てはまらない。
・中高年でもプログラマとしてやっている人はたくさんいる。
・ただし、ビジョンを持ってスキルを磨いていかなくては、よいプログラマになれない。
・35歳あたりから、プログラマからエンジニアや管理職になるので、35歳あたりからプログラマは減っていく。

ということになります。

これからプログラマになろうと思っている高校生や大学生、社会人の方へ

プログラマになるのに、資格は不要です。
ただし、きちんとしたプログラミングのスキルは必要です。

中高年になってもプログラマとしてやってはいけますが、スキルが低いとつらい思いをします。

プログラマになりたいと思っているのであれば、まずはプログラミングをやってみることです。

やってみて、楽しいと思えるか、つまらないと感じるかが大切です。

最終的には、仕事に近い形で学習できるスクールを経験してみて、プログラマになろうかどうか判断してみてください。

タイトルとURLをコピーしました